禿げと坊主と中年男性の健康について

禿げと坊主と育毛・発毛、40代以上の中年男性の健康について考えるサイトです。

禿げが選ぶ育毛シャンプー。使用目的は頭皮を清潔、健康に保つ効果と割り切って選ぼう。

f:id:takam0:20170426154118p:plain

私は現在40代でM字禿げ坊主にするまで、色々な育毛シャンプーを試してきました。

長年使ってきて気が付いたのは、育毛シャンプーに過度な期待をしてはいけないということ。最近は薬局でもスカルプケアシャンプーということで、頭皮を清潔にするシャンプーが男性用のシャンプーコーナーではかなりの場所を占有しています。

そのくらい育毛についてはみなさん気にされているようです。

値段もピンキリだし成分もそれぞれ違うのでどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、育毛シャンプーに期待するところをまとめてみました。
それぞれ商品によって色々と成分が異なりますが、あくまでも育毛シャンプーなので過度な期待をせず、目的に合わせて選びましょう。 

僕はスカルプDシャンプーを使っていました。

僕は雨上がり決死隊の宮迫さんのCMで有名なスカルプDシャンプーをしばらく愛用していました。昔は通販のみでしたが、ここ数年で東急ハンズでも取り扱うようになり、購入しやすくなりました。

値段は普通のシャンプーの何倍かします。

やはり高いものは高いなりに使用感が良かったりします。1,000円台のシャンプーと5,000円近くするシャンプーの使い心地が全く同じかというと、やはり高いものは高いなりです。

 

育毛シャンプーの目的は頭皮の脂を取ってスッキリ清潔な状態にすることが目的。

まず育毛シャンプーを使う目的ですが、育毛シャンプーを使ったからと言って明らかに抜け毛が減るということはないと思います。

減らないというと語弊がありますが、あくまで育毛の一環として頭皮を清潔に保つことを目的としていることを念頭に置いておく必要があります。

私自身20代で一番自意識過剰な時は相当に若禿げのことでコンプレックスがあり、様々な高額な育毛シャンプーを試しました。高いものや成分がすごいものを使えばそれなりに効果があると思っていたのですが、少しずつ後退し現在にいたります。

抜け毛は頭皮だけでなく、ストレスや内臓系含めて様々な健康状態から来るものなので、頭だけをスッキリしても根本の解決にはならないということです。

喫煙や飲酒、食生活なども影響していると言われていますし、本気で発毛・育毛を考えるなら徹底的にやらないといけないと思います。

ですので、育毛シャンプーに期待する効果をいうものをまずは理解したうえで選ぶ必要があります。

値段はピンキリ。値段というよりは自分が使ってシックリきたものを愛用する。

育毛シャンプーの値段はピンキリです。
高いものだと5,000円以上、安いもので1,000円台のシャンプーもあります。

ではどういうポイントで選んだら良いでしょうか?
成分などをみてもいまいちそれが本当に頭皮に効くのかよく分かりません。
それはそうで、頭皮の状態は人によって異なりますし、効用だって人それぞれです。

私が今まで色々な育毛シャンプーを使い続けてきた結論はずばり、洗い心地と洗った後のすっきり感。それだけです。

毎日使うものですので、香りや泡立ちが自分の現在の髪の長さや洗い方に合っているかは重要です。すっきり感は洗った後の頭皮のべたべた感です。良いシャンプーは指先で押した時にべたつき感がなくなっています。

本当に感覚ですが、感覚って大事です。

成分とか口コミも大切ですが、値段とか関係なくまずは自分で色々試してみて、しっくりくるものを愛用するのが一番です。

脂っぽい中年男性には清潔感プラス匂いを押さえる作用のあるシャンプーがおすすめ。

私のように40代となると、そろそろというかとっくに加齢臭を発している可能性が高い。頭皮の健康状態も去ることながら、自分の匂いも気になるという方は多いのではないでしょうか。

最近の育毛シャンプーには頭皮の匂いを抑える効果があるものもあり、加齢臭や頭皮の匂いが気になる方にはそういったシャンプーもおススメです。

私のように坊主にしてしまうと、育毛というよりは匂いや頭皮のべたつきの方が気になります。最近ではデ・オウ 薬用スカルプケアシャンプーを使っています。
デ・オウ 薬用スカルプケアシャンプーは頭皮油や加齢臭などの中年男性にとって気になる部分を押さえたスカルプケアシャンプーです。

詰め替え用も出ており、値段も1,000円台なのでお手頃です。

スカルプケアシャンプーは最近ではお手頃な値段のものが増えていますので、是非実際に使ってみて、自分の頭皮にあったものを選んでいただければと思います。