禿げと坊主と中年男性の健康コラム

禿げと坊主と育毛・発毛、40代以上の中年男性の健康について考えるサイトです。

女性は男性の視線が胸元にいってるの分かるっていうけど、禿げも頭に視線がいってるの分かってるよ。

f:id:takam0:20170428092419j:plain

 

よく女性の胸元を男性が見ないふりしてチラ見しているのは気が付いているよ、なんていう話題が出ます。世の男性は相手には分からないようにチラ見してバレてないと思っているけどバレてるんですね。

 

坊主にすると特に話していて頭に視線を感じる。

会話をしていると、禿げに対して思う所のある方って目を合わせている振りをして、頭を見ているのはよく分かります。対面で話をしているのですが、その意識は完全にこの頭に集中しています。

コンプレックスである禿げも実は見ているのすごく分かるんです。
坊主にするとなおさらで、坊主にしたての頃は仕事の打ち合わせでも、ほとんどの女性が頭を見ています。

それほどに男性のヘアスタイルに女性は敏感なのかもしれないですね。

頭に視線がいくのは女性が圧倒的に多い。 

禿げていること意識するのは女性が圧倒的に多いです。
これは私自身の経験ですが、男性は自分もある可能性を抱えていますので、他人事ではない部分もあると思います。

実際に私自身も坊主にしてみて、男性の方はそんなに興味ないといった感じで、一瞬はみますが特に何もありません。

女性に関しては「お!坊主だ!」とか「髪切ったんですね!(いや、刈ったんだよ。。)」と頭の話題に触れる方もいれば、ジロジロとみる方もいらっしゃいます。

まあ、仕事だと何回か会ってるうちに慣れるので、そのうち視線はなくなりますが、それでも毎回のように視線が頭をあおぐ女性もいらっしゃいます。

結婚して40歳過ぎるとそうでもないですが、20代や30代の頃は髪型が崩れてM字が露呈することに酷く怯えていました。

禿げにとって視線が一番痛い。

禿げの何が辛いって髪の毛が少なくて寒いとか、直射日光が痛いとかそうこうことではありません。

ズバリ視線です!それも女性の視線。

視線が気になるので、カツラ被ったりヘアスタイルを工夫して色々細工をするのです。
視線さえなければ髪なんて洗うので面倒臭いし、なくたって大して生活に支障なんてまったくないんです。

異性からの視線が一番怖いです。

だってやっぱり女性は意識しますから。

視線が怖いからといって帽子をかぶりっぱなしにするのはやめたい。

ファッションなのか禿げ隠しなのか仕事中でも帽子をかぶっている方っています。
美容室などの接客業でも時々みかけます。

ただ、禿げているから帽子をかぶりっぱなしにするのは、頭皮の健康上もよくないですし、脱いだ時のギャップが激しくなり、余計に視線を集めるので辞めた方が良いでしょう。

禿げの違和感はギャップです。

人間は毛髪が生えていることが当たり前という認識があり、それが生えてないことに対してのギャップが禿げと悩みの種にするのです。
帽子をかぶることで一時的に禿げがなかったことになるかもしれませんが、当然あるべきものが帽子を脱いだらなかった時に、ギャップがより激しくなります。

禿げ隠しにも色々ありますが、帽子で場をしのぐのだけは辞めた方が良い、というのは私の経験則です。